読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生・女子大生が失敗しないためのクレジットカードのお話(海外旅行・審査の知識・おすすめランキングも)

私自身現役の女子大生です。大学1年生の4月からアルバイトをしている信販会社で培った知識・経験をもとに、学生に向けて「クレジットカードの落とし穴」や「クレジットカードの便利な使い方」を伝えられればなと思います。学生ならではの目線で、時には実体験も踏まえて参考となる情報を発信できるように日々更新頑張ります!!

信用力の低い大学生でも審査不要で手に入る、国内プリペイド・ギフトカードの魅力

         f:id:ak525emerald:20161007193425p:plain

                                     photo by  http://www.neomoney.jp/travel/

 

 

 

 「いきなりクレジットカードを持つのは怖いな」とか、「クレジットカードの審査に落ちた、どうしよう」っていう思いの学生の皆さんにオススメしたいのが、プリペイドカード・ギフトカードです。

 

 近年はクレジットカード以外の決済手段としても、メジャーになってきています。何と言っても審査不要なので、誰でも手軽に手に入ります!!

 

 そんなプリペイドカード・ギフトカードの魅力を語っちゃいます!

 

 

 

 

海外の多様な決済手段

 海外では、多種多様な国際ブランドの決済カードが発行されています。見た目はクレジットカードのようになっているので、一見すると何のカードなのかわからないような状態です。

 

 例えば、

 

  • ギフトカード
  • リワード(報償)カード
  • プリペイドカード
  • デビットカード
  • クレジット「チャージカード」
  • クレジット「リボルビングカード」

 

などなど、本当に様々な決済カードが存在しています。それだけ海外では現金での支払いより、こういった決済カードでの支払いが一般化しているということですね。

 

 

 

 

日本国内のプリペイドカード

 海外の国際ブランドは、1つのブランドで、クレジット、デビット、リボ、ギフト、プリペイイド等様々な決済サービスを提供しています。

 

 日本は海外とクレジットカード等の決済のネットワークの構造が異なるため、オンラインでの決済を必要とするようなデビットカード・プリペイドカード・ギフトカードのり導入が、思うようにうまく進まないという状況がありました。

 

 そのために、海外に比べて多種多様な決済手段が、まだまだ広く浸透していないというのがあります。

 

 こういう事情により、一時期までは国内発行のプリペイドカードやギフトカードは海外でしか使えない海外専用のものが多かったのですが、2013年についに国内発行のプリペイドカードが誕生しました。それが、クレディセゾンが発行したVISAプリペドカードです。

 

 

 

▶︎VISAプリペイドの特長

 

  • 世界中の約3800万以上の加盟店でショッピングの際に利用できる
  • 約210万台のVISA/PLUSマークのあるATMで現地通貨を引き出せる
  • 利用時には利用代金、残金のお知らせメールが届く
  • チャージ分のみ使用可能なので、支出をうまくコントロールできる
  • 与信審査なしで手軽に入手できる

 

 

 このクレディセゾンの発行をきっかけに、国内他社もプリペイドカード・ギフトカードを発行し始めました。

 

 ただ、JCBや三井住友VISAカードが発行するプリペイドカードは独自のブランドを持っているため、まだまだ海外のものと比べて使用できる加盟店が限られています。だからこそ、日本でプリペイドカードやギフトカードの流通が遅れているということなのかもしれません。

 

 

 

日本で発行される代表的なプリペドカード・ギフトカード

 

JCBプリペイド

 

  • 発行会社:JCB
  • ブランド:独自ブランド
  • 利用範囲:独自加盟店
  • 特長:JCBクレジットカードと異なり、事前にチャージした金額の範囲内で利用可能
  • 対象年齢:カード発行会社によって異なるが、クレジットカード会員より年齢が低い方に利用される場合がある

 

 

三井住友カード韓国トラベルプリペイド

(2016年1月22日をもって新規申し込みは終了しています)

 

  • 発行会社:三井住友カード
  • ブランド:独自ブランド
  • 利用範囲:韓国内独自加盟店
  • 特長:日本円で購入・入金でき、韓国ウォンでの支払いが可能であるため、外貨両替の手間が省ける

 

 

三井住友プレミアムギフトカード

 (2016年3月31日をもって新規申し込みの受付を終了しています。)

 

  • 発行会社:三井住友カード
  • ブランド:独自ブランド
  • 利用範囲:独自加盟店
  • 特長:3000円、5000円、10000円、20000円、30000円から選べる

 

 

NEOマネー

 

  • 発行会社:クレディセゾン
  • ブランド:VISA
  • 利用範囲:海外専用
  • 特長:13歳以上で、かつ日本に住んでいる人なら誰でも申し込みできる

 

 

Money T Global

  • 発行会社:JTB
  • ブランド:VISA
  • 利用範囲:海外専用
  • 特長:海外のVISA亀井雨天なら、残高の範囲内ならサインするだけで、ショッピングレストランでの支払いができます

 

キャッシュパスポート

 

  • 発行会社:アクセスプリペイドジャパン
  • ブランド:Master Card
  • 利用範囲:海外専用
  • 特長:カード保有者に変わって家族の方(保護者など)がチャージできる

 

 

V・プリカ

 

  • 発行会社:ライフカード
  • ブランド:VISA
  • 利用範囲:世界
  • 特長:インターネット上のVISA加盟店でクレジットカード同様に使える

 

楽天バーチャルプリペイド

 

  • 発行会社:楽天カード
  • ブランド:Master Card
  • 利用範囲:世界
  • 特長:インターネット専用の楽天バーチャルプリペイドカードは、楽天カードで購入する(楽天カードの保有前提)

 

 

e-さいふ(VISAバーチャルプリカ)

 

  • 発行会社:三菱UFJニコス
  • ブランド:VISA
  • 利用範囲:世界
  • 特長e-さいふでネットショッピングの支払いをすると、最大5%キャッシュバック

 

 

ドコモ口座VISAプリペイド

 

  • 発行会社:NTTドコモ
  • ブランド:VISA
  • 利用範囲:世界
  • 特長:ドコモユーザーなら無審査・即時発行ですぐ利用できる

 

 

バニラVISAオンライン

 

  • 発行会社:SBIカード
  • ブランド:VISA
  • 利用範囲:世界
  • 特長:ショッピングブロック機能や、本人認証サービスが付いている

 

 

 

 

最後に

 日本では、プリペイド・ギフトカードは、

 

  1. 加盟店が限られる独自ブランドカード
  2. 一昔前に広く浸透していたトラベラーズチェックの代替プロダクトである海外専用プリペイドカード
  3. 幅広い加盟店(世界)で利用できるプリペイドカード

 

3種類に分けられているのがわかっていただけたでしょうか?

 

 原則無審査で発行できるものが大半なので、まだクレジットカードを持つのは怖いとか、クレジットカードで買い物しすぎるのが怖いから普段はチャージ分だけで済ませたい、なんていう方にはお手軽なので非常にオススメです!!

 

 海外専用のプリペイドカードなんかは、物によっては未成年でも発行されるカードもあるので、海外留学で長期的に日本を離れる際に、わざわざ現地の口座を作る必要がありません。

 

 また、保護者の方が日本で指定口座に入金した現金が、そのまま現地ATMから現地通貨で引き出せるので、とても便利ですよなね。

 

 ぜひぜひクレジットカード以外にもこう言った便利な決済カードを使って、生活をより安全で便利なものにしていく参考になれば幸いです

 

 

 読んでいただきありがとうございます!!

 

参考情報: