読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生・女子大生が失敗しないためのクレジットカードのお話(海外旅行・審査の知識・おすすめランキングも)

私自身現役の女子大生です。大学1年生の4月からアルバイトをしている信販会社で培った知識・経験をもとに、学生に向けて「クレジットカードの落とし穴」や「クレジットカードの便利な使い方」を伝えられればなと思います。学生ならではの目線で、時には実体験も踏まえて参考となる情報を発信できるように日々更新頑張ります!!

学生の憧れ、ゴールドカード&プラチナカード。実際にどれだけのステータス・機能があるのか、わかりやすくまとめてみた!

 

 

     f:id:ak525emerald:20161019192058j:plain

                                                    photo by  https://jp.pinterest.com/pin/202802789447440288/

 

 

 

 

 少し前の時代には、ゴールドカードを持つにはかなり高いレベルの審査を通過しなければなりませんでした。具体的な基準は明示されてないけど、年収や居住状況、勤務先の条件等の基準がありました。

 

 しかし最近ではゴールドカードもそこまで珍しくない時代になりました。でもそのサービスの内容って未だはっきりと明らかにされていないものもありますよね。

 

 それぞれのゴールドカードやプラチナカードによって多種多様、様々な特徴的なサービスがありますが、そのサービスの大枠に関してわかりやすくまとめてみました!!

 

 

 

 

 

ゴールドカード&プラチナカードとは

 ゴールドカードとはクレジットカード・デビットカードの券種の1つで、一般のカードより価値の高いサービスを付帯しています。プラチナカードとは、ゴールドカードよりもより高い価値を付帯しているカードのことです。

 

 この「プラチナ・カード」は日本においてアメリカンエキスプレスが商標登録しているため、他社は使えません。

 

 

 

 

 

海外でのトラブルでも24時間対応してもらえる

 ゴールド&プラチナカード向け会員向けに国内外のトラブルにも24時間対応してくれるサポートデスクがあるカード会社が多いです。

 

 カードを紛失した、カードの不正利用が発覚してというカードに関わるトラブルのみならず、パスポートの紛失、所持品の盗難、航空券の手配、ホテルの手配等にも対応してもらえます。

 

 しかも海外でのトラブルでも日本語で対応してもらえたり、海外からの通話料も無料だったりします。

 

 

 

 

 

旅行損害保険の充実

 海外旅行保険って結構重要なんです。最近のクレジットカードでは、学生向けのカードなどは海外旅行保険が無料で付帯したりします。

 

 ただ、一般のカードは年会費が有料のものであれば割と海外旅行保険が充実してますが、年会費が無料のものだと保険が付帯していないケースがあります。また付帯していてもそこまで十分な補償じゃない場合が多いです。

 

 以下が海外旅行で保険に入っていなくて、高額な費用がかかったトラブルの例です。

 

  • ハワイで2,374万円:脳卒中で倒れてICUに入院。17日間の現地入院の後、医療専用機で日本に搬送された。

 

  • オーストリアで2,402万円:ホテルの4階から転落し、駐車場の車の上に落下。下肢骨折、意識不明となる。

 

  • カンボジアで634万円:観光中に遺跡から転落し、頭部骨折。タイへ緊急搬送後ICUで治療。ドクター付き添いのもと、車椅子で帰国。

 

  • フランスで993万円:道でつまずき転倒、骨折。看護師とともにビジネスクラスで帰国。

 

  • アメリカで5,105万円:急性心筋梗塞で倒れる。現地で2度の手術を経て、約40日入院。医療専用機で日本に搬送。

 

  • アメリカで2,804万円:バイクツーリングツアー中に転倒。現地で手術後、看護師とともにビジネスクラスで帰国。

 

 これはあくまで一例でありますが、保険をかけてないと海外で医療機関にかかった時に、何千万単位のお金がかかってきます。それぐらい旅行損害保険は重要です。

 

 ゴールド&プラチナカードの多くはこの旅行損害保険が、国内・海外問わず表重装備だとは思いますが、適用には様々な条件があるので、入会前にしっかり確認すること、そして旅行の前にも規約をしっかり確認してください。

 

 

 

 

 

ホテルやレストランの無料アップグレード

 一部のゴールド&プラチナカードでは、カード会社が提携するホテルや旅館に宿泊すると、客室や料理のアップグレードが無償で受けられます。また、多くのホテルでプラスα、特別なコンシェルジュサービスが受けられたりして、優越感に浸れますよ!!

 

 

 

 

 

ポイント還元率が高い

 これは各カードによって差がありますが、比較的ゴールド&プラチナカードは一般のクラシックカードに比べてポイント還元率が高い傾向があります。

 

 それもそのはず、年会費が高いからです。

 

 最近は年会費1万円以下のクレジットカードも広く普及してますが、3万円〜それ以上の年会費のものが多いとおもいます。それだけ払っているんだから、ポイントが100円につき1ポイント、つまり還元率1%ぐらいでも当然ですよね。

 

 まぁでもプラチナカードを持てるようなお金持ちの方々はポイントなんて気にしないんでしょうが。

 

 それでも利用方法によっては、年会費以上の価値あるサービス・特典を受けられる可能性があります。

 

 

 

 

コンシェルジュサービスがめちゃくちゃ便利

 ゴールドカード&プラチナカードでホテルの特別なコンシェルジュサービスが受けられるのは先述しました。ただ、ゴールドはあまりないかもだけど、プラチナはカードのコンシェルジュサービスが非常に充実しています。

 

 例えば、コンサートの予約や飲食店の予約レンタカーの予約やタクシーの手配等です。一言にレストランの予約と言っても、半年先まで予約が取れないような超人気店もカード会社は予約枠を持っていて、コンシェルジュサービスで予約できたりします。

 

 海外なんかは言葉が通じなくて予約が難しいことも多いですよね。そんな時にも有効活用すれば、より充実した旅行になりますよね。非常に便利です。

 

 

 

 

 

プライオィティ・パスが最強

 一部のゴールドカードとほとんどのプラチナカードは、世界120カ国400年850カ所以上のラウンジが使える「プライオリティ・パス」が無料で利用できます。

 

 最近では国内線は搭乗の15分前程度に保安検査場を通過すればいいですが、国際線だと一般客はチェックインは2時間前までにとか、結構空港で過ごす時間が多いですよね。

 

 もちろん成田や羽田などの国際空港は免税店なども充実しているので時間は潰せますが、それもたまに海外旅行に行く人だけです。普段から仕事の関係で海外に行くことが多い人なんかは、毎回毎回代わり映えのない免税で時間は潰せないですよね。

 

 そんな方々はこのプライオリティ・パスさえあれば、ラウンジで搭乗時間までゆっくり過ごせます。このパス目的でゴールドカードに格上げする人もいるくらいなので、知らなかった方は是非是非利用してください。

 

 

 

 

 

最後に

 これはあくまで一例のサービスです。今はゴールドカード、プラチナカードといっても各カード会社が1枚以上発行しているような時代です。その中でどう差別化、他社との競争に勝っていくかは、どんな特別なサービスを付帯するかによりますよね。

 

 特に私がクレジットカードのことを調べていて最近思うのが、昔ほどクレジットカードのステータスを当てにしていない人が多いっていうことですね。

 

 昔といっても私も生まれていないバブル時代っていうのかな、そういう時代にはゴールドカードはただのステータス。そのステータスだけのために選ばれた人間が、高額な年会費を無理して払って持っていました。

 

 でもそういった時代は終わりました。今はゴールドカード、プラチナカードと言えども機能を重視する時代。機能性がないゴールドカードは一般的なクラシックカードと同じと捉える方が多いです。

 

 だからこそせっかくゴールド&プラチナカードを検討しているなら、そのステータスのみならず機能性もしっかり吟味して選んでいただきたいなと思います。

 

 学生にとってはまだまだ手が届かないゴールド&プラチナカードですが、これだけ充実したサービスがあると知って欲しくなりましたか?

 

 学生がゴールドカードを手に入れるために今やるべきことに関する記事も後日書きたいと思っていますが、学生なら今はとにかく着実にクレジットヒストリーを積み上げ、信用力の高い人間になるのが近道かと思います。

 

 

 読んでいただきありがとうございました!!