読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生・女子大生が失敗しないためのクレジットカードのお話(海外旅行・審査の知識・おすすめランキングも)

私自身現役の女子大生です。大学1年生の4月からアルバイトをしている信販会社で培った知識・経験をもとに、学生に向けて「クレジットカードの落とし穴」や「クレジットカードの便利な使い方」を伝えられればなと思います。学生ならではの目線で、時には実体験も踏まえて参考となる情報を発信できるように日々更新頑張ります!!

学生に知ってほしい、リボ払いの仕組み、手数料、そしてメリット・デメリットをわかりやすく説明します

   

   f:id:ak525emerald:20160924095809j:plain

 

 

 

 

 学生になると、クレジットカードを持つ方が増えますよね。クレジットカードを持つと、カードで買い物する機会が増えて、思わず予算以上に使っちゃうってことがありますよね。

 

 そこで注意しなければならないのが「リボ払い」です。学生の多くはまだリボ払いの仕組みを理解していないのに使いすぎたばっかりに安易にリボを選択しますよね。よくないです。

 

 きちんと理解した上でこの「リボ払い」を選択するのは構わないですが、理解していないのに使ってしまっては、カード会社の思う壺。無駄な手数料を取られていつまでたっても完済できません。

 

 この機会にリボ払いの仕組み、手数料の計算方法、そしてその怖さを知って賢くカードを利用しましょう!!

 

 

 

リボ払いとは

 リボ払いは「リボルビング払い」の略で、翌月の一括払いや分割払いなどの様々なクレジットカードの支払い方式の1つです。欧米などでは一般的な支払い方法のみたいですが、日本では宣伝こそよくされているものの、まだまだ一括払いが主流ですよね。

 

 リボ払いの特徴としては、毎月の返済金額が一定であるということです。毎月の支払額が一定であるために、返済計画が立てやすく、結果的に買い物もしやすいという状態になります。この一定額には(残金の一部)+(手数料)が含まれます。

 

 しかし、ここで問題なのは、その複雑な手数料計算の方法です。一般的な分割払いだと、「商品の代金(元金)+手数料」をその指定した回数で均等に割った金額が月々の支払い金額になりますよね。

 

 一方のリボ払いは、分割払いのようにただ単純に元金に一定率の金利をかければいいってものではないんですよね。この計算が非常に複雑になっており、こういう複雑な面があるから、まだまだ利用する人でもリボ払いの落とし穴にはまってしまうのかなって思います。

 

 

 

リボ払いの計算方法

 リボ払いには残高スライド方式定額方式の2つの支払い方法があります。

 

 

  • 残高スライド方式

 残高スライド方式とは、残高によって毎月の返済額がスライド(調整・変更)される方式です。残高スライド方式は、その残高によって最低返済額が決まっています。

 

 つまり返済が進むほど、毎月の返済額は減っていきます

 

f:id:ak525emerald:20160923180041p:plain

photo by  http://www.j-credit.or.jp/customer/basis/revolving.html#qa1

 

 上記の例を解説すると、

 

      f:id:ak525emerald:20160923183505p:plain

 

 7月末の時点で利用残高が2万5千円ということは、ランク1に該当します。ランク1は毎月の支払額が5千円だから、8月の実際の支払額は「5千円+手数料」になります。

 

 8月末の時点では残高が22万円ということは、ランク4に該当します。ということは9月の支払額は「1万5千円+手数料」になります。

 

 つまり、前月の利用残高に応じて毎月の支払い金額が変動します。

 

 

メリット

 残高が増えるとその分毎月の支払額も増えるので、着実に元本返済は可能になる。

 

 

デメリット

 デメリットとしては、前月の時点でクレジットカードを多く利用して毎月の元本返済額が増えるっていうことは、「元本返済額 ×一定利率」だから手数料もその分、増えてしまうということです。

 また、月々の支払い金額が減れば、当然それだけ支払いも長引くことになります。支払いが長引きことによって余分に利息がかかってくることになります。

 

 

 

  • 定額方式

 定額方式は利用残高にかかわらず毎月の支払い金額を自身で設定して支払う方式です。

 

 正確に言うと定額方式には「元利定額」と「元金定額」が存在しています。前者の「元利定額」は「毎月の支払額+手数料」が毎月の返済額となります。

 

 一方、「元金定額」はリボ手数料を含めて毎月の支払額が設定した金額になるように返済する方法です。だから、「元本+手数料」が毎月の設定額5千円になるようになっています。

 

 

f:id:ak525emerald:20160923190842p:plain

photo by  http://www.j-credit.or.jp/customer/basis/revolving.html#qa1

 

      f:id:ak525emerald:20160923191949p:plain

 

 

 このように残高にかかわらず、支払い金額は一定です。

 

 

メリット

 毎月の支払額が利用額にかかわらず一定で、返済計画や今後のカードでの買い物の計画も立てやすい。

 

 

デメリット

 毎月の設定されている支払い金額が5千円程度の小額だと、返済が長引くので、その分トータル支払っていく手数料も多くなります。

 

 

 

 参考までに、この本は「金利」というものが全くわからない人にオススメの本です!入門書なので、特に私と同じ学生の方には、カードを利用する前に是非読んでもらいたいです!!

 

 

 

 

リボ払いにする方法

 

①事前登録リボ

 事前に毎月の支払額を登録して、あらかじめ決められた金額のリボ払いの方式で支払う方法。

 

  • ショッピングやキャッシングの支払額を毎月決めるのが面倒
  • 毎月一定の支払額にしたい
  • 毎月の支払い金額は自分で決めたい

 

という方々にオススメなリボ事前登録です。

 

 

②あとからリボ変更

 

 1回払いやボーナス払いで購入した商品を、後からリボ払いに変更できるサービスです。クレジットカードを利用したことがある人は、支払日の1週間〜10日前くらいに「後からリボ払いに変更できますよ」っていう通知が来たことがある人いらっしゃると思います。

 

  • 急な出費が重なり、来月の支払いが大変な方
  • ショッピングの後で支払い方法をゆっくり、慎重に決めたい方

 

という方にオススメな支払い方法です。

 

 

③店頭選択型リボ

 

 リボ払い取扱加盟店で買い物時に、リボ払いを申し出る方法。

 

 ただし、日本はまだまだ一括払いしか取り扱っていない加盟店も多く、また店頭で「リボ」というのは恥ずかしくてなかなか言えない方も多いと思うので、あまりオススメはできませんね。

 

 

④リボ専用カード

 

 この「リボ専用カード」はその名の通り、すべての支払いが自動的にリボ払いにされるカードです。だから店頭で一括で商品を購入しても、支払い時にはリボ払いになっています。

 

 最近はこの手のカードがよく出回っています。リボ払い専用カードは、クレジットカードの審査基準からいうと非常に低いところにあるので、逆を返せば多くの人が審査に通り、所有することのできるカードです。

 

 この「リボ専用カード」は、先に述べた通りには以下の特徴があります。

 

  1. 審査基準が甘く、ほぼ誰でも(全員ではないが)所持できる
  2. 年会費無料
  3. ポイント還元率が高い

 

というメリットがあります。ただ、やはりリボ払いは支払いに困った時に使うべきものだと思われるので、この手のカードはいくらポイントがついたとしても使わないのが賢明です。

 

 

 

リボ払いを申し込む前に確認すべきポイント

 

  • リボ払いとはどんな仕組みなのか

 

 これがわかっていないのに、月々の返済額が減るからといって安易にリボ払いを選択してはいけません。先に述べた通り、もちろんリボ払いのメリットもありますが、デメリットが大半です。大きい買い物の場合だと、月々の支払いが小額だといつまでたっても完済できず、借金が全然減らないことになってしまいます。

 

 しっかりとリボ払いの仕組みを理解し、そのリスクも想定した上で申し込みをしましょう。

 

 

  • 毎月の支払額はいくらになるのか?

 

 これはとても重要なポイントです。毎月の支払額というのは、元本のみならず手数料も含みます。支払い方法によっては「元本 × 金利」となり、多額の手数料がついて設定した金額を大きく上回る額となるケースがあるので注意が必要です。

 

 

  • 自分が申し込んだリボ払いの方式は何なのか?

 

 これは最も大事です。先にも述べましたが、リボ払いと一括りに言ってもまた様々な方式が存在しています。カード会社はできるだけ長く手数料分を支払ってもらいたいので、支払い期間は長く、かつ毎月の支払額は最低額になっている初期設定のケースが多いです。だから、初期設定のリボ払いコースを確認、また自分が申し込む支払いコースもしっかり確認しましょう。

 

 

 

カード利用時には

 

 リボ払いを選択するしないに関わらず、カード利用時にはいくつかの点に留意してカード決済をする必要があります。

 

  • 無理なく返済できるか

 

 自分の支払い能力をしっかり確認し、それ相応の支払い方法を選ぶべきです。一括で払える支払い能力があれば、無難に手数料のかからない「一括払い」をオススメします。また、分割・リボ払いにするとしても、身の丈にあった毎月の支払額なのか。もしくはそれ以前に身の丈にあった額のカード利用なのか見極めるべきです。

 

 

  • メリットとデメリットの両面を理解すること

 

 クレジットカードを日々の生活を豊かにする決済手段の1つだと思います。クレジットカードを持つことで大金を持ち歩かなくて済んだり、ポイントがついたりとたくさんのメリットが存在しています。

 

 その一方で、メリット以上にデメリットも存在しています。上記に挙げたように、リボ払いなんていうのは正直デメリットが大半を占めるんじゃないかなと思います。

 

 また、リボ払いに限らず、買い物をしたその場で現金を支払わないカード決済というのはそれそのものを、翌月の支払日までの借金と捉えることもできます。借金にはトラブルはつきものです。だからまだまだカードを持ったばっかり、もしくはこれからカードを作ろうと考えている学生の皆さんには、良い面と悪い面の両方をしっかり理解した上で、クレジットカードを使って欲しいと思います。

 

 

  • 新たな買い物をするということは、返済期間が延びたり、毎月の支払額が増えるということ

 

 リボ払いや分割払いの途中でも、新たにカードで買い物したくなるときありますよね。もちろん支払い能力を十分に考慮した上で購入に至るのは問題ないです。

 

 しかし、リボ払いや分割払いで支払い中に物があるにもかかわらず、安易に新しい買い物をしてまたリボ払いや分割払いを選択すると、その分余計な手数料も取られますし、返済期間も伸びますし、毎月の支払額も増額するという可能性もあります。何度も言いますが、返済期間が延びたり、残高が増えれば増えるほど、手数料もその分かさみます。手数料は無駄な支出です。まさに「ご利用は計画的に」ということです。

 

 

 

カード利用後には

 

  • 利用明細書をしっかり確認

 

 毎月支払いの前にカード会社から送られてくる、もしくは最近だとwab上で明細を確認できるカード会社もあります。それらをしっかり見て利用金額が正しいか不正利用がないかを確認するのはもちろん、支払い残高や、支払い金額もあわせて確認しましょう。

 

 注意が必要なのは、ここでいう「支払い金額」というのはリボ払いや分割払いの場合の「元金+手数料」を指します。手数料分も含めた毎月の支払い金額をしっかり理解しましょう。

 

 

  • 繰上返済ができないかを確認する

 

 支払いに余裕があるときは、リボ払いや分割払いを繰上返済するのをオススメします。先ほども書きましたが、支払い期間が延びるほどその分手数料は増えます。だから余裕があるなら、少しでもその手数料を減らす意味で繰上返済をしましょう。

 

 カード会社によっては、繰上返済だけじゃなく、途中でボーナス併用にしたり、月々の支払い金額を増額したりできる支払い方法を選択できるケースもあるので、それらの便利な機能も利用して、返済期間を少しでも短くすることに努めましょう

 

 

  • 利用明細の内容に不明な点があれば必ずカード会社に問いあわせましょう

 

 特にリボ払いは複雑な手数料の計算方法を採用しているので、思ったより金利が高く手数料が高額になってしまうケースがあります。あまりにも高額でおかしいなと思った場合や、リボ払いを申し込んだはずなのに明細に反映されていないこともあるので、そういう場合はすぐにカード会社に問い合わせましょう。カード会社なら、カスタマーセンターを必ず設置しているはずなので、すぐに電話すべきです。

 

 

 

最後に

 私が大学生として、同じ学生に伝えたいのは、早いうちに、1度はリボ払いや分割払いを経験すべきということです。経験しないうちに「なんとなく怖いもの」という印象を持ったまま社会人になると、いざ住宅ローンや車のローンを組む時に、金利や支払いに関するトラブルに遭遇し自身で対処できません

 

 学生なら多くはカードの限度額は10万円〜30万円くらいだと思いますが、それぐらいの範囲の小額の買い物であれば、ほぼ一括払いもしくは、少ない回数の分割払いで購入できるものばかりだと思います。逆にそれ以上の高額商品は身分不相応な気がします。そういう小額の買い物時に、支払い能力はあるけれどもあえて「リボ払い」を選択してそれを実体験してみるのも悪くないと思います。1度経験しておけば、本当に困った時、いざという時に使えるので、良いと思います。

 

 ただ、最もダメなのは、経験がないのに「今月の支払いが厳しいから」という理由で安易にリボ払いを選んでしまうことです。初期設定で、知らないうちにリボ払いが定額式・毎月の支払額が最小額の5,000円となっていたら、返済期間がめちゃくちゃ長くなりますよね。だから、リボを使う前には、自分が申し込んでいるリボの支払い方式はなんなのかをしっかり確認すること。そして多くのカード会社のサイトにはリボ払いのシュミレーションができるページがあるので、それを活用して支払い計画を明確にすることが重要です。

 

 クレジットカードの悪い面をしっかり理解した上で、生活を豊かにする便利なものでもあるので、賢く利用しましょう。

 

 日本クレジット協会のHPにも、クレジットカード利用について参考になる情報が多く載っているので、見てみると良いと思います!!

日本クレジット協会 公式HP:

一般社団法人日本クレジット協会

 

 

ここまで読んでいただきあるがとうございます!よければブックマークお願いします!